当ブログ内(ブログ名:毎月5万は貯金したい ブログURL http://blog.livedoor.jp/nekooo8/)の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。

\(゜Д゜\)(/゜Д゜)/






大切な人が統合失調症になったらどうすべきか、自分の拙い知識と経験で簡潔にまとめてみました。

この記事を読んでくれた貴方の大切な人が、もしこの病気になったときに少しでも手助けになれればと思います。



統合失調症とは?

脳の神経の働きに障害が出る病気です。
人間はさまざまな外界の刺激のなかで生きており、雑念が浮かんでは消えています。
そこで、こうしたいろいろな情報を整理して、思考や行動をひとつの方向に「統合」することが脳の大切な機能のひとつになります。
統合失調症では、この統合のバランスが崩れ、知覚、思考、感情、意思(意欲)といった精神の働きが円滑に行われなくなる病気なのです。
(家族のための統合失調症入門から抜粋)



もし身近な人が統合失調症になったらどうすべきか?

当事者を一刻も早く病院に連れていき受診させ、あなたは直ぐに本屋へ向かい専門書を買いこの病気に対する正しい知識を身につけてください。

今は薬の開発も昔に比べて進んでおり、早い段階で処方すればするほど回復も早いのだそうです。

最初はおかしな言動をする当事者に不安を覚えることもあるかと思いますが、彼らの行動には何かしらの意味があります。


対処法や会話のコツなどを中心に書かれている本も多数出版されています。

何度も書きますが正しい知識を身につけることが大事です。


正しい知識を得て思い遣りを持った優しい接し方をしていれば時間はかかるかもしれませんが気持ちが通じる時がくると思います。



管理人が読んだ一部の本を紹介しておきます。

よかったら参考にしてみて下さい。


マンガでわかる!統合失調症
中村ユキ
日本評論社
1200+税


家族のための統合失調症入門
白石弘巳
河出書房新社
1600+税


家族が知りたい統合失調症への対応Q&A
高橋信子
日本評論社
1500+税


積み木細工の脳
あづま太一
栄光出版社
1500+税


統合失調症がやってきた
ハウス加賀谷 松本キック
イースト・プレス
1300+税



統合失調症の初期症状を分かりやすく書いたまとめサイト
↑実話かどうかは別として、統失の初期症状が分かりやすく書かれています。